ふくやくセミナー
ふくやくセミナー

ふくやくsearch

第53回ふくやくセミナー報告(7/11実施分)

更新日:2018年07月18日

「ふくやくセミナー」では、毎回、様々な分野の医師から専門的なお話をしていただき、
ご参加の皆さまに定期アンケートを実施しています。
先日のふくやくセミナーでは、糖尿病についてのセミナーを実施しました。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
第53回 ふくやくセミナー
平成30年7月11日(水) TKPガーデンシティ天神 会議室「S-3」
19:30~21:00「HbA1cの測定法による値の違いとその差による日常診療への弊害」
講師:医療法人小田辺内科医院 院長 小田邊 修一先生
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
53回アンケ①
*HbAlcの2つの測定法で値が違って病気と診断されている点など分かりやすい説明でよかった。
*日常業務でしょっちゅう見ているHbAlcにこんな盲点があったことを初めて知った。
*検査法によってHbAlcに差があることが分かったのが良かった
*普段なかなか聞けない情報を得ることができた。
*勉強になった。続きが気になる。
このように、実際の現場で目の当たりにするケース等について詳しく分かりやすい話が聞けて勉強になった
との声が多かったようです。
その他、貴重なご意見もいただきましたので、今後のセミナーに活かしていきたいと思います。
また、「ふくやくセミナーで、他にも聞いてみたいテーマ」については
*精神科領域
*うつ、統合失調症など
*認知症関連
*脳卒中(脳梗塞、脳出血など)
*血管系の疾患について
*サプリと薬物の併用で起きる薬物動態について
*小児科に関するセミナー
*皮膚科領域
*在宅訪問薬剤管理指導の実際
*腎機能
*妊娠
*研修認定薬剤師以外で取りやすい薬剤師関連資格について
*独立について(初歩からの知識が全くないので教えてほしい)
 
など、精神科関連についての話を聞きたいという声が多かったように思います。
 
今回は、「薬局に求められるサービス」についてもお聞きしました。
53回アンケ②
 
このように患者さんに管理栄養士が関わるサービスの必要性を感じておられる方が多数という結果になりました。
 
53回アンケ③

患者さんからの相談としては、「飲み合わせについて」や「睡眠について」「血圧や血糖値などについて」
といった内容のものが大半を占めているということが分かりました。
その他には「今飲んでいる薬以外で同じ効果の薬はどんなものがあるのか」といった相談を受けているという声もありました。
 
さらに、「病院や薬局において、患者さん向けに実施しているイベント・セミナー」にはどのようなものがあるか
お聞きしたところ、
*育児相談
*栄養相談会(月1~2回)
*認知症サポートセミナー
*糖尿病教室
などのイベントやセミナーを行っておられるとのことでした。

病院や薬局では、処方せんによる調剤のみならず、他の薬剤や市販薬との飲み合わせについてのアドバイス、
健康食品の取り扱い、介護関連商品の相談などを行うこともあります。
しかし、それだけでなく、「病院に行くほどではないけど最近なんとなく疲れている気がする」
「なかなか眠れない・朝すっきり起きられない」などの日常のちょっとした不調について気軽に専門家に相談できたり、
定期的な健康サポートセミナーを受けることができたり、また病院や薬局がその地域の人々の憩いの場になるなど、
人々の心身の健康を助ける場としての付加価値を上げることも、これからの病院や薬局に必要になってくるのかもしれませんね。
 
8月のセミナーは脳疾患についてのお話をしていただきます。
セミナーのお申し込みはこちら
第54回ふくやくセミナー「最新脳腫瘍手術とてんかん」