ふくやくセミナー
ふくやくセミナー

ふくやくsearch

第56回ふくやくセミナー報告(11/17実施分)

更新日:2018年11月30日

「ふくやくセミナー」では、毎回、様々な分野の医師から専門的なお話をしていただき、
ご参加の皆さまに定期アンケートを実施しています。
先日のふくやくセミナーでは、消化器についてのセミナーを実施しました。
-----------------------------------------------------------------------------------------------
第56回 ふくやくセミナー
平成30年11月17日(土)ACU-H中研修室H0604
15:00~16:30 便秘薬の最近の話題
国家公務員共済組合連合会浜の町病院 副院長 瀬尾充先生
-----------------------------------------------------------------------------------------------
56回アンケ①
*便秘薬の特徴と欠点をそれぞれ分かってよかった。
*患者さんの実際の声など聞けたので勉強になった。
このように、便秘薬について具体的に学べたので良かったとの声が多かったようです。
その他、貴重なご意見もいただきましたので、今後のセミナーに活かしていきたいと思います。
 
今回は、「薬剤師キャリアと今後の薬局」についてもお聞きしました。
まずは「今後薬局として注力していくべきこと」についてお聞きしたところ

56回アンケ②


このように、健康相談・サポート・地域連携や在宅といった、地域とのかかわり方を重要と考えておられることがわかりました。
次に、「薬剤師キャリア」についてお聞きしたところ

56回アンケ③
地域により状況は異なりますが、近年では新卒薬剤師も安定的に輩出され、市内中心部においては、薬剤師人員の
充足傾向が続いております。調剤報酬が下がっていく中で、特に調剤薬局においては、地域の中での薬局の在り方、
薬剤師の役割を見直し、地域に求められる調剤薬局になるべく、人員確保だけでなく、人材育成にも注力していく薬局が
増えてきております。
通常の調剤や服薬指導等の業務だけではなく、今後は社会のニーズに合わせた柔軟な行動力が、
薬局自体にも、薬剤師の皆さんにも必要になってくるのではないでしょうか。
ふくやくセミナーでは、薬剤師の皆さんの役割の変化に対応できる、スキルアップに繋がるようなセミナーを
今後も企画していきたいと思っております。
次回1月のセミナーは糖尿病についてのお話をしていただきます。
セミナーのお申し込みはこちら
第57回ふくやくセミナー「新薬の登場と糖尿病治療の進歩  ~福岡糖尿病見聞録~」